巷では、

「ゴールデンに昇格するとつまらなくなる」

なんてことが言われますが、


実際、深夜番組がゴールデンに昇格して
失敗することはよくあります。




その理由はいくつかあるのですが、

「深夜とゴールデンでは視聴者層が変わってしまう」

というのが、一番大きな理由です。




ざっくり言うと、

ゴールデンを見ているのは年配たち。
深夜番組を見ているのは若者たちです。
(年配はもう寝てる)





深夜帯に人気の番組は
若者たちに支持されてる番組。


ゴールデンで人気の番組は
年配層に支持されてる番組です。





当然、世代によって好みは変わりますので、
深夜で人気の番組が
ゴールデンで人気になるとは限りません。




むしろ、ゴールデンに昇格しても
人気を維持している番組は

若者にも年配層にも人気のある!

という、


オールマイティなすごい番組
ということなのです。





そして、

「全世代にウケる番組」

というのは今の時代、かなり難しい。



昔に比べると人の好みや日常生活が
多様化しまくっているので


全世代にターゲットを広げて
みんなに刺さるような番組を作るのは本当に難しいのです。






さらに、ゴールデンに昇格すると、

「尖った企画やシュールな企画はやりづらくなる」

というリスクもあります。




あと、下ネタとかもやりづらい。



(テレビマンの中には
「主婦は下ネタを嫌う」という共通認識があります。)




深夜時代、
奇抜な企画で人気を得たような番組でも、

ゴールデンに昇格したら
ゴールデン用の企画に変更せざるを得ないのです。





ピカソの絵みたいなもので、


奇抜なものを楽しんでくれるのは
一部のコアなファンだけで、


ほとんどの視聴者は
落ち着いて安定感のある番組を見たいのです。




また、深夜以上に
ゴールデンでは結果を求められるので


思い切った勝負に出づらいという
制作者側の心理的なハードルもあります。





なので新進気鋭すぎるコンセプトの番組は

深夜ではウケても
ゴールデンでは結果が出しづらいのです。








例えば、アメトーークの場合でも、



昨日オンエアの

「イマイチ印象に残らない芸人」

という企画は、


見ていて普通に面白いのですが、



シュールで狭い企画なので、
ゴールデンでは勝負しづらいです。







一方、今日オンエアされた
ゴールデン3時間SPでは


キャンプ芸人→キャンプは今、年配にもブーム
チョコ芸人→チョコは誰でも知ってる
踊りたくない芸人→ダンスは若者に人気

という、ネタを持って来ています。




実は、ネタの順番にもちゃんと意味があって


(19時台)キャンプ芸人
(20時台)チョコ芸人
(21時台)踊りたくない芸人



19時台には年配層が食いつきそうな
キャンプ芸人を。

(美味しそうなキャンプ飯の画も出てくる)


後半の遅い時間帯には
若者がついて来てくれそうな
「踊り」を持って来ています。



おそらく年配は踊りにそんなに興味がないので、
「踊りは19時台よりも遅い時間帯に放送した方が得」
という判断があったと思います。






さらにさらに、制作の裏事情としては、 


深夜時代に
ネタを出し切ってしまった!


というパターンもあります。




当然、扱うネタは
強いものから順に消費されていくので、



深夜時代に強いネタをバンバン使って
人気を得たはいいものの、



ゴールデン昇格時には
すでにネタが切れちゃった!



みたいな悲しい場合もあります。






いずれにせよ、


深夜からゴールデンに昇格して
長く生き残ってるような番組は、


テレビマンからすると尊敬に値する
すごい番組なのです。