昨日公開された
カジサックさんとメンタリストDaiGo さんのコラボ動画にて、


吉本の闇営業問題や、

テレビと反社会勢力との付き合いなどについて
実体験を交えた見解などが語られていましたが、






その中に

「テレビの人はYouTubeの台頭を認められない」

という発言がありました。






これは実際、そうなんです。






特に上の世代の人たちですね。






テレビ最盛期の時代を生き抜いて、
今でも支えている人たちですから、

『テレビが王様だ』

という認識を持つのは当然なのですが、




ここ3回にわたって、

『テレビ vs インターネット』の記事で
統計データを見てきた通り、



ネット動画がテレビを超えるのは
時間の問題です!



関連記事:テレビvsインターネット 第1弾『広告費』↓






コラボ動画の中でDaiGoさんは、

衰退するテレビを

『沈みゆくタイタニック号』に例えています。



タイタニック号から救命ボートで脱出して
外の世界に活路を見出しているのが


カジサックさんや、
オリラジ中田さんらのことですね。




テレビの人たちの中には
彼らを白い目で見る人たちもいますが、


そろそろ、上層部たちも
時代の変化を受け止めて欲しい。





変化に気づいてはいるのですが、
受け止められないみたいです。

(メンタルの問題です)





ネット動画がテレビを超えることを
早く認めた方が良いです。







タイタニック号から脱出しているのは
何もタレントさんだけではなく、

我々、制作者もそうです。





僕も、全く人気はないですが、
YouTubeチャンネルを開設しています。



知り合いのディレクターのチャンネルは
約50万人もの登録者がいて

めっちゃ稼いでいます。




ただ、そんな状況でも

会社の上層部からは
あまりいい顔をされない
ので、
(実際に話しても無駄だった)



顔出しをしないような作りにしていますし、


顔出しはしていても、
本名や素性は隠しながらやっているのが現状です。

(結局、上層部のことを気にしている…)






ただ、これもコラボ動画内で発言がありましたが、

既得権益の上層部は、
変化をしない可能性が高いので、


「いずれタイタニック号と一緒に沈んでしまう」


と思われます。





我々、末端の人間たちは

どこかのタイミングで
自力で脱出しなければなりません。








『いつ、沈みゆくタイタニック号から
救命ボートに乗り移るのか?』






早く脱出した方が遠くに逃げられるので、
早いに越したことはないのですが、



個人的にはタイタニック号を
ギリギリまで楽しみたいので、





タイタニック号が沈まないよう頑張りながら、
救命ボートで毎日コソッと脱出して
沈んだ時の避難場所だけは確保しておく。



というスタンスが一番良いと思っています。